ママなら知っておきたい!「絵本の読み聞かせ」でやってはいけないNG行動

shutterstock_250838524
source:http://www.shutterstock.com/

もうすぐ出産が近づいているプレママの中には、「子どもが産まれたら、“絵本の読み聞かせ”をしてあげたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

絵本の読み聞かせは、親子の絆を深くするコミュニケーションの1つです。親子で長く楽しめたらいいですよね。

ただ、絵本の読み聞かせは、やり方に注意をしないと、子どもが本嫌いになってしまったり、ママがイライラしてしまって、本末転倒になってしまう可能性もあります。

というわけで今日は、コミュニケーションライターの筆者が、絵本の読み聞かせの際、楽しむコツと、ママがやってはいけないNG行動、そしておすすめ絵本についてお伝えしたいと思います。

黄本恵子

 

■絵本の読み聞かせ、いつから?

絵本の読み聞かせのスタート時期は、視力や聴覚がよりはっきりしてきて、腰もすわり、だんだん周囲のことが気になり出す生後6ヶ月ごろからがおすすめです。

これぐらいの集団検診のときに、自治体などから絵本をプレゼントされる地域もあるようです。

筆者自身も、3ヶ月検診のときにブックスタートの案内を自治体からもらい、生後6ヶ月ぐらいのときにブックスタートに参加しました。

そこで絵本をもらい、本格的に絵本の読み聞かせをスタートしました。

 

■絵本の読み聞かせを始める前に知っておきたいNG行動2つ

(1)順序よくストーリーを追って読む

本を読むとき、当たり前ですが大人は1ページから順番に読んでいきます。

しかし、赤ちゃんは、順序など気にしません。ママがまだ読み終わっていないのに、本をめくる感覚が楽しいのか、別のページを開いてしまうこともよくあります。

ママとしては、一生懸命声を出して読んでいるのに、別のページをめくられるとイラっとしてしまうかもしれません。ですが、これはよくあることだと心得ておきましょう。

 

(2)テレビやパソコンなど動画が流れている空間で読む

テレビがついている状況、もしくは家族がおしゃべりをしている最中など、騒がしい環境では、赤ちゃんが絵本に集中できません。

絵本ではなく、テレビの方ばっかりに集中してしまうこともあります。

絵本の読み聞かせをする際は、環境を整えてあげることもとても大切です。

LINEで送る