ママなら絶対共感する!「赤ちゃんに振り回されがち」なNG習慣3つ

shutterstock_290850824 (1)
source:http://www.shutterstock.com/

皆さんは、初めてお子さんを生んだとき、赤ちゃんについてどのくらいの知識がありましたか?

筆者は知識が全くない状態で、妊娠・出産し、母になりました。

初めての子である長女の傍若無人な暴れん坊っぷりには、文字通り泣かされたものですが、その一因には、長女の生活リズムが整っていなかったことがありました。

今回は、赤ちゃんの生活リズムを崩してしまっていた、若かりし頃の筆者の失敗談をお伝えします。

どうぞ反面教師にしてください。

mica

 

■こんな習慣がダメだった!初めての子で悪戦苦闘の日々

(1)食事の時間がバラバラ

新生児の頃の頻回授乳の流れで、1歳近くになってもミルクや赤ちゃん用のスナックを欲しがるだけあげていました。

また、身体をよじるなどの激しい動きと、大音量の泣き声というコンボを鎮めるため、あらゆる手を講じました。

アメリカの離乳食として名高い「Cheerios」というシリアルをあげたり、子ども番組のDVDをつけたり……。

真夜中にテレビの光がさすリビングルームで、もぐもぐとシリアルをかじる長女を、半分眠りながら見ているその光景を、今も鮮明に思い出すことができます。

 

(2)昼寝は赤ちゃんまかせで好きなだけ

当時の筆者にとって、おとなしく昼寝をしている爆弾を、頃合いを見て時間が来たら起こなんて、とんでもないことでした。

眠っていれば眠っているほど、ホッとしたものです。

 

LINEで送る