【元園長先生の☆保育園あるある】#2 保育園ではすぐに寝ちゃうから不思議! 「トントン」の効果って?

shutterstock_200918741
source:http://www.shutterstock.com/

ママが普段みることのない園児達の日常、そして可愛い園児たちがみせてくれる“あるある行動”について、元保育園園長の筆者がシリーズ連載でお届けしています!

第一回は『「え、それって演技…?」朝の泣き別れ後の子どもの行動』をお届けしましたが、今回の保育園あるあるは、“保育園のお昼寝あるある”についてです。

1歳児以上のクラスでは、ほとんど全員同じ時間にお布団で眠っています。

おうちではなかなかお昼寝をしない子どもでも、保育士がお布団をトントンすると眠りにつきます。

そんなお昼寝の様子と、家庭との違いをご紹介します。

藤實 智子

 

■家で寝ない子も、なぜ保育園では寝られるの?

保育園は、子どもたちの元気な声でいつもにぎやか。

でも、お昼を過ぎた頃になると、子どもはみな帰ったのかと思うほどの静けさに包まれます。

普段おうちにいると全く寝ない子でも、保育園ではしっかりと寝ているということにママたちは驚くようです。

なぜ保育園ではお昼寝をするのに、家庭ではお昼寝がなかなかできないのでしょうか。

その違いは、“生活リズム”が規則正しいかどうかです。

保育園では決まった時間に登園し、午前中は体を使い遊んで、お昼ご飯を食べたら着替えてお昼寝をするという流れがきちんとできています。

食事などの時間帯もほぼ毎日同じなので、子どもたちは自然と眠る時間も分かっていて、昼寝の時間に布団へ入ることに何の抵抗もないのです。

保育園がお休みの日は、いつもはお昼寝をする時間にお出かけをして遊んでいたり、ご飯を食べていたりと生活リズムがくるいがち。

家庭でも、お昼寝を決まった時間にしてほしいのなら、保育園の生活リズムをできるだけ崩さないことです。

LINEで送る