子どもを襲う原因不明のまひが流行!? 可能性の1つ「エンテロウイルス」の症状・予防法は?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

昨年の8月から12月にかけて、子どもたちの間で「原因不明のまひ」が発生しました。

まだ全ての可能性は排除できませんが、可能性として“エンテロウイルスD68”が関与していることが示唆され、ニュースに取り上げられていました。

そこで今回は医学博士の筆者が“エンテロウイルスの症状と予防策”についてお伝えします。

川上先生

 

■原因不明のまひ、風邪との区別が難しい?

国立感染症研究所によりますと、115人は子どもを中心に33の都と府と県で、去年の8月から12月の間に手足などに“まひ”の症状が出て入院したと、全国の医療機関から報告されたということです。

明らかに感染症が原因ではない人などを除くと75人で、患者の一部からは“エンテロウイルスD68”が検出されていて、エンテロウイルスが流行していた去年9月にまひが起きた人が多かったということです。

また、現在もまひが残っている人が多くみられたとされています。

“エンテロウイルスD68”は風邪を引き起こす“ライノウイルス”と形が似ているために、最初は鼻水・咳・発熱などといった症状で風邪と間違えられることもあります。

しかし重症化すると喘息のような発作、呼吸困難などを伴い、肺炎を含む様々な呼吸器系症状を引き起こすこともあります。

また、今回話題となっているまひに関しても、日本のみならずアメリカなどでも確認されているために、現在解明が進められています。

 

LINEで送る