「ちゃんと説明しなさい」はNG!発言する子になる賢いママの受け答えって?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

子どもって、話をする時に「ううんと、〇〇がね……ええっと△△でね……」といちいち前置きが入りますよね。

しかも細切れにしゃべるので、何を言っているのかよくわからないことも多々あります。

そんな時、せっかちなママはついイライラして、「一体、何が言いたいの!」と詰め寄ったり、「じゃあ、〇〇なのね」と結論を急いでしまいます。

でも、意味不明な言葉でもゆったりと構えて、じっくり「そうなのね。うん、うん」「なるほど~」「そうなんだ!」「それで?」と耳を傾けてあげましょう。

十分、話を聞いてもらった子どものほうが、よくお喋りするようになります。

そこで、今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流  子育てのコツ』の著者の立石美津子が、子どもの話を聞くことについて、お話します。

立石美津子

 

■大人だって思っていることをうまく伝えられないことがある

あなたはこんな経験はありませんか?

子育てセミナーを聞いてとても感動したので、参加しなかったママ友に内容を教えてあげようと思いました。

その感動を、うまく相手に伝えられない……そんなことってありませんか?

子どもと同じように「あの」「その」「えっと」の言葉が多く入ってしまうこともありますよね。

自分では十分理解しているつもりでも、これを相手にわかるように伝えるのは、かなりハードルが高いことなんです。

更に「セミナーの感想を文章にまとめなさい」なんて感想文を求められると、鉛筆が止まってしまうことだってあります。

子どもはまだ母国語を獲得している真っ最中。

思っていることの3分の1も言葉には出来ませんから、考えながら話す時「ううんと、ええっと……」と自然となってしまいます。

 

LINEで送る