「読み聞かせ テキトーすぎて 子もはてな」~読み聞かせでのパパのダメ行動編~【ダメパパ川柳連載 第22回】

dame

育児や子育てに対するパパのちょっぴりダメな部分を、自身も1児の娘のパパである筆者の体験談も交えながら川柳で紹介する連載『ダメパパ川柳』。

前回は「パパやると いつも逆さま 子の着替え」をお届しましたが、第22回の今回は、絵本の読み聞かせをする際のパパのダメ行動を詠んでみました。

これは子どもの教育のためにも良くないことですので、しっかりと考えを改めてほしい点であるでしょう。

yamada03

第22回目の「ダメパパ川柳」は…

『読み聞かせ テキトーすぎて 子もはてな』 

 

◆登場人物◆

illustrated by It Mama

■ストーリーに沿って読んであげないと意味がない!?

育児や子育てにとって、「絵本」は切っても切れないほど大事なアイテム。

子どもに絵本の読み聞かせをしてあげるというのは、パパとしても大事な役目のひとつになるでしょう。

僕も寝る前に娘(えっちゃん)に絵本を読んであげることがよくあります。寝かしつけなどでも活躍するアイテムですよね。

ただ、パパが疲れているとき、他にもやらなければいけないことがあるときなどは、どうしてもテキトーな読み方になってしまいがち……。

「読むならちゃんと読んであげてよ! えっちゃん全く集中できてないよ!」

妻からそう怒られてしまったこともありました。

確かに、僕が面倒くさがり、ストーリーをすっ飛ばして“オチ”を読んでしまったために、娘は頭に“はてなマーク”が浮かんでいるような顔をしていたのです。

それでは妻も怒るはずです。すっ飛ばして読んだ僕を、ぶっ飛ばしたい気分だったでしょうね……。

 

LINEで送る