【2人目子育てバイブル #1】教育費も見込んでおきたい「2人目妊娠計画」3つのポイント

source:http://www.shutterstock.com/

2人目の子どもが欲しいと思っても、妊娠、出産、2人育児を考えると悩ましい……。2児のママである筆者の体験も交えながらお送りする新連載『2人目子育てバイブル』。

第1回目となる今回は、“2人目妊娠の計画やタイミング”についてお伝えします。

 

1人目の子育ては、はじめてのことばかりでドギマギして、バタバタしての連続だったと思います。ふっと気づくと、意外にも育児に慣れてきた自分がいるのではないでしょうか。“そろそろ、もう1人子どもがほしいなあ”と思う時期です。

2人目の子どもを考えるとき、よく話題になるのが兄弟の年齢差。

2歳差がいい、3歳差が楽などと先輩ママたちは教えてくれることでしょう。この連載でも兄弟の年齢差については次回取りあげますが、それと同じくらい大事なことが他に3つあるのです。

 

■1:子どもは「何人ほしいのか?」年齢と体力を考える

source:http://www.shutterstock.com/

家族計画として何人の子どもを望んでいますか?

これは最も重要で、夫婦間で認識を共有する必要があります。筆者のように不妊体質だったり、年齢が35歳を超えていると高齢出産の域に入り計画どおりに進まないことも増えてきます。

例えばパパが40歳、ママが38歳で第2子を産んだ場合、子どもが成人する頃には両親は還暦前後の60歳。子どもが結婚して孫が生まれる頃には70歳前後になるでしょう。また、女性であれば40歳を超えると母子ともにハイリスクな出産になります。

最近では、40代で出産するママも珍しくないですが、自然に妊娠できる確率は下がります。若いときと比べると体力はもたないものです。ママが高齢で、2人以上の子どもが欲しい場合は、早めに行動するのがよいでしょう。

 

LINEで送る