親子で歌って踊れる!? 英語が大好きになれる秘密がいっぱいつまった大人気イベントとは♪

英語の早期教育がなぜいいのかご存じですか?

0~3歳の子どもの脳は、色んなことをどんどん吸収する“ゴールデン・エイジ”と呼ばれる時期で、この時期に英語と日本語の両方の刺激を与えれば、どちらも自然と覚えられると言われています。

筆者もゴールデン・エイジの2歳の娘のため、気になっていたワールド・ファミリーの「ディズニーの英語システム」の無料サンプルを取り寄せて、CDを聴いたり、DVDを見たりしていました。

この「ディズニーの英語システム」、実は教材以外に、覚えた英語をちゃんと使えるサービスがたくさんあることで定評があるんです。中でも一番人気なのが、ネイティブの英語の先生たちによるイベントとのこと。

特に人気の先生たちが出演する「イングリッシュ・カーニバル」という英語の“ミュージカルショー”は、イベントの中でも最大級の規模で子どもたちに大人気!

ということで今回は、その「イングリッシュ・カーニバル」に、2歳の娘と7歳の息子と一緒にIt Mamaライターとして、“特別潜入取材”をしてきました!

青木かおりPF

■子どもを魅了する“ワクワク”がいっぱいの「イングリッシュ・カーニバル」

2

今回筆者が参加した「イングリッシュ・カーニバル」は、数あるイベントの中でも特に大人気のイベント。

参加していた子どもたちは0歳の赤ちゃんから小学校高学年と幅広い年齢で、中には劇中に登場する人物のコスプレをしているお子さんもいて、入場前から会場は子どもたちのワクワクドキドキの熱気で湧き上がっていました。

ショーが始まる前から会場に並んで出演する先生たちに英語で自分の名前を伝えて、サインを貰ったり、簡単な英会話を交えながら写真を一緒に撮ったりしてコミュニケーションを取れるのもイベントだからこそなので、人気なのも納得です。

3

筆者親子も皆と同じように先生にサインを頂きました!

サンプルDVDなどを見ていたおかげで、息子がちゃんと名前を答えたではありませんか!

息子の生活の中でこのようなやり取りをする機会がなかったので、答えた後にはニッコリ得意気。このアウトプットの経験が子どもの自信に繋がるんですね。

■いよいよショーの始まり!その人気の秘密は?

4

子どもたちの興奮が高まる中、ショーがスタートしました!

カラフルな原色で作られた華やかな舞台演出と、ノリノリの音楽で子どもたちはすぐに夢中で見入っていました。

もはや知らない人のいないほど有名な『The ABC Song』が流れると、大きな声で歌っている子どももたくさん♪

無料サンプルDVDでも人気の皆で手を叩いて歌える『Clap Your Hands!』もリズミカルな音楽に身体を揺らしながら楽しむ子どもの姿が目立ちました。

簡単な英単語だけとも限らないのに、子どもたちはちゃんと聞き取れているようで、笑うところで笑ったり跳ねたりしていたのには驚きです。

5

そして子どもたちお待ちかね、人気キャラクター「ズィッピーとポンポン」の登場に会場の子どもたちは拍手喝采……!

こちらはワールド・ファミリーのオリジナルキャラクターで、ユーザーのお子さんたちにはお馴染みとのこと。

筆者の娘も家に帰ってからパンフレットのズィッピーとポンポンを指さして「いたよ!」と何回も教えてくれました。

初参加だった2歳の娘は、最初の方は真剣にショーに見入りすぎて動きが止まっていましたが、徐々に会場の雰囲気に引き込まれていき、周りの子どもたちに混ざって手を叩いたり、ジャンプしたりしていました。

33

息子は、小学校で習ったフレーズの「Nice to meet you!」が劇中に使われていたのをきちんと聞き取れたようで、筆者の方を見て目を大きくしてまたニッコリ。

そんな息子の反応を見て筆者も嬉しくなっちゃいました。

34

「イングリッシュ・カーニバル」は、舞台を一方的に見るだけの受動的なものではなく、客席も一緒になって歌ったり、呼びかけに応じる楽しいショーでした。

子どもたちからたくさんの“アウトプット”を引き出す、もの凄いショーだと衝撃を受けました。

英語がわからない筆者の子どもたちも自然と体が動きだし、ショーを見終わった後には「英語は楽しいもの」と感じることができたようです。普段から教材に親しんでいるお子さんなら尚更のことでしょう。

この“楽しい”と思えることが英語を身に付ける一番の秘訣なのかもしれません。

8

■「アウトプット」ができるポイントがたくさん

冒頭でも少し触れましたが、ワールド・ファミリーの「ディズニーの英語システム」は、お家で教材を使ってインプットした英語の情報を“話す”、“体験する”、“触れ合う”というようなアウトプットする場を多く設けています。

今回の「イングリッシュ・カーニバル」のようなイベントはなんと全国各地で年間1500回以上も開催されるとのこと。

春・夏休みに開催されるネイティブの先生やお友だちと自然の中でお泊りする“キャンプ”、そしてなんとカリフォルニアの学校を訪問し、現地の子どもたちと一緒に授業を体験できる「日米子どもサミット」など、魅力的なイベントも用意されています。

また、お家でもネイティブの先生と英語で楽しくお喋りできるシステムがあるそうです。日本にいてもこんなに多くのアウトプットができる実践の場が用意されているのは、とても貴重ですよね。

「ワールド・ファミリー・クラブ※1」には、そんな“英語って楽しい!”を感じるイベントがたくさん用意されています。ぜひクラブ会員になって、貴重な体験をしてみてくださいね。

【参考】

※1 「ワールド・ファミリー・クラブ」は「ディズニーの英語システム」を購入されたお客さまをサポートする会員制プログラムです。

※ 親子で楽しめる「バイリンガル知育」の入り口!「ディズニーの英語システム」無料サンプルはコチラでGET♪

Sponsored by ワールド・ファミリー株式会社

LINEで送る