【妊婦さんの基礎知識連載】#9 妊娠後期 8ヶ月 「カラダの不調」を乗り越える5つのポイント

shutterstock_100344287
source:http://www.shutterstock.com/

いよいよ出産に近づく妊娠後期のスタート、妊娠8ヶ月(28週)です。妊婦健診が2週間に1度のペースになったり、入院の準備を始めたりと、赤ちゃんに会えるまであと少しです。

しかし、出産への不安が募ったり、妊娠初期や中期とは違う体調の変化が始まります。

お腹も大きくなり、苦しさを感じたり、せっかく終わったつわりがまた始まる人もいます(後期つわり)。

このような時期を、快適に過ごすために気をつけるべきことをご紹介します。

山田みき

 

■妊娠8ヶ月の特徴

妊娠8ヶ月の赤ちゃんは、五感の発達や瞬きができるようになり、臓器も完成します。また、脳のしわができることで記憶も始まります。

ママの子宮底はみぞおちのあたりまで高くなり、胃や食道を圧迫し、胃もたれや胸焼けなどの「後期つわり」の症状が出始めることがあります。

そして、羊水量が最大になることでお腹が前にせり出し始めます。また、おりものの量が増えたり、お腹の張りやすくなる、むくみが起きるなどの体の変化も起きます。

筆者の妊娠8ヶ月は、後期つわりで大変な上に貧血もひどく、血圧は上が60台になりました。

しかし、2子目のときには軽い貧血のみでした。

症状は人それぞれですが、体調が良くても入院や早産(お腹の張り)にならないように気を付けて過ごしてください。

 

LINEで送る