【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#35 公園に行くといつまでも子どもが帰ってくれません

tekito-2.1-25-20160804063653

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

 

第34回は『食が細いのですがどうしたらもっと食べるようになりますか?』の疑問にお応えしましたが、第35回のテーマはこちら。

テキトー母さんQ&A

 

■夢中でやっていることを中断させられるのは辛い

もし、連ドラを見ているとき、バチッとテレビの電源を切られたらどうでしょう?

Lineをしているとき電源が落ちたらどうでしょう?

続きをやりたいと思いますよね。そして、イラッときてしまいますよね。

子どもにとって公園で夢中で遊んでいる真っ最中に「もう、遊ぶの止めなさい!」と言われるのは、これと全く同じなのです。

ママにとっては“わがままな困った行為”に映ることも、子どもから言わせると「僕が夢中になっていることを中断させる困ったママの行為だ」と思っているでしょう。

 

■どうすれば子どもが言うことを聞いてくれる?

まだ、遊んでいたいのに親から「これこれこうしなさい」と命令されるのは不快なものです。

こんなときは選択肢を与えましょう。

・ブランコ10回こいだらおしまいにする? 20回こいだらおしまいにする?

・(公園にある時計が読める子だった場合)4時で帰る? それとも4時10分で帰る?

・あと100数える間遊んでいる? 50数える間、遊んでいる?

どれを選ばれても親が困らない選択肢を与えるのです。

もし、それでもぐずっていつまでも帰らなければ、「公園で長く遊んでいたから、家に帰ってテレビを見る時間が少なくなってしまった」「ゲームは今晩はできない」などその代償を負わせましょう。

何かを得たら何かを犠牲にする自己責任を体験させるのです。

遅くなったからといってすべての時間をずらし、就寝時刻も「今日は帰りが遅くなったから少し遅くまで起きていてもいいわよ」なんて決して言ってはなりません。

LINEで送る