【海外出産奮闘記#13】額にブツブツ!? 「水分補給も忘れ頑張りすぎる私」編

大学卒業後、まともに就職活動もせず、ふと見つけた広告に応募し採用され、現代美術ギャラリーで楽しく働く私に向かって、ある日母はこう言放ちました。

「あんたはきっと“いきおくれ”て、30過ぎで猫と一緒に1人暮らしするんでしょうね」と……。

しかし、人生には時に天変地異の如き出来事が降り掛かります。25歳で出会った彼と、次の日からおつきあいをスタート。半年後に妊娠、入籍する事に!

ドタバタの海外出産後、酷寒の地ボストンでの生活から、夫の就職を機に新天地カリフォルニアに住居を移した私たち一家、そして後陣痛と恥骨痛に苛まれた2人目出産。前回は、第2子を無事出産した安堵も束の間、母乳育児の苦労再到来をお送りしました

今回は「額にブツブツ!? 水分補給も忘れ頑張りすぎる私」編をお送りします。

 

■母になることで手放す「私自身を構成していた何か」

子育ての大変さは子どもの人数に比例する。これは真実であり、そうではないとも言えます。

子どもが生まれる前は深く考えずとも私は“私自身”でありました。しかし結婚して妻になり、子どもが産まれて母になる事で、かつての“私自身”を構成していた何かを、少なからず手放すことを要求されます。子どもが増えれば、その分また捨てる必要があります。

古いものを捨てた分、私たち親は、それまで見た事の無い種類の発見や、胸を熱くするほどの、あるいは心穏やかな幸せを得られます。そして新しい自分を獲得し、人生を充実させていくことができます。

しかし、手にしたものを捨てられず、放すものかとその両腕が頑なであればあるほど、子育ては大変になります。かつての私がそうでした。

 

■繊細な長女と新生児との新生活

中学時代は陸上部でならし、身体が丈夫な私は産前も産後も健康そのものでした。ですから特に無理さえしなければ、穏やかで平和な毎日が続いていたはずでした。

しかし、自我が出てきた長女は、私のような頑固者の1人目の赤ちゃんとしては、なかなかに手強い相手だったのです。

RIMG2402-1
ロサンゼルスのゴージャスな美術館・ゲッティ・ミュージアムにて。ご機嫌な長女/Photo by Author

長女はとても繊細な子です。機嫌のいいときはニコニコと天使のようでしたが、一度何かのスイッチが入ると、火がついたように号泣し、止まらなくなります。

彼女が穏やかに日々を過ごす事の鍵が、“日々のルーティンを守る事”にあることに気付いた私は、それから頑ななまでに“それを守る事”になります。起床時間、昼寝の時間、食事の時間、就寝時間、全てが長女の都合で予定を決めなければいけません。

時にはそれを守れないときも、当然あります。そんなときは「だから言ったでしょ」とでもいうように、激しい夜泣きという名の逆襲が繰り広げられます。

深夜に彼女がお気に入りだった『Blue’s Clues』という子ども番組のDVDを流しながら、リビングのソファで母子2人、朝を迎える事もしばしばでした。

 

■消えた朝一番の尿意

気付くと私は、これまでの人生で、何度も迎えた朝に必ず感じてきた尿意を、いつのまにか感じなくなっていました。そして当然ながら、それからの私は膀胱炎を繰り返す事になります。

原因は自分自身を後回しにしていたからです。私は朝起きるとすぐに、娘達の様子を見に行きました。授乳が必要であれば授乳し、オムツを二人分替えました。長女に離乳食を用意し、彼女らの様々な要求に応える事を最優先しました。

 

■額に謎のブツブツが出現!

ある日鏡を覗くと、つるっとしていたはずの額に、謎のブツブツが出来ていました。赤くもなく、痛みもかゆみもありません。

この不可解なブツブツの正体は“水分不足”。夫に指摘され、それから気をつけて水分を摂るようにしていたら、いつのまにかブツブツはひいていきました。私は自分の水分補給さえも後回しにしていたのです。

 

LINEで送る