【妊婦さんの基礎知識連載】#4 妊娠初期 3ヶ月頃はつわりのピーク!? この時期にやっておきたい事3つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

妊娠3ヶ月といえばつわり、というイメージをお持ちのプレママも多いのではないでしょうか。個人差はありますが、妊娠3ヶ月は“つわりのピーク”!

そんな妊娠3ヶ月頃はどんな変化があるでしょう。お腹が大きくなるのが待ち遠しく、少しずつふっくらしてきた気がしていませんか?

妊婦さんやベビーカーを押すファミリーを見かけては、プレママになった実感も日に日に大きくなる時期です。

今回は、妊婦さんの基礎知識“妊娠3ヶ月目”についてお伝えします。

進藤ゆきこPF

 

妊娠3ヶ月(8~11週)のママ&赤ちゃんに起こる体の変化3つ

(1)つわりのピークとされている

妊娠7~9週はつわりのピークです。つわりは、胎盤ができあがる妊娠16週頃にはおさまることが多いです。

筆者は、つわりは永遠に続くわけではない、赤ちゃんがお腹の中にいる証、と想うことで乗り切りました。

水を飲むのもつらい場合もあるでしょう。炭酸水を少量ずつ飲んだり、氷をなめたりすることで、水分補給に気をつけましょう。

食事も好きなもの、食べたいものを少量ずつ食べましょう。

 

(2)つわりの時期の歯のケア

つわりの時期は、歯ブラシを口にするだけで吐き気を催すこともあります。無理せず、食べた後はうがいをする、歯みがき粉をつけずに水で磨くなど、自分なりのコツを見つけましょう。

妊娠中はこまめに食べることが多くなるので、今まで以上に“むし歯”への注意が必要です。

また、吐きづわりの場合、酸性の胃酸が歯に触れることで歯が溶けやすくなります。出産すると赤ちゃんに栄養がとられて歯が弱くなる、は迷信。

このような背景から、プレママのお口の中の状態が悪くなりやすいために、“お口のトラブルが起きやすい”のです。

キシリトール配合ガムをかむ、こまめに砂糖の入っていない水分を摂る、気分のよい時間帯に歯みがきをしっかりと行なうとよいでしょう。

妊娠中の歯科健診も市区町村から案内をもらったら、ぜひ受けましょう。

 

(3)「胎児」と呼ばれるのは8週目から

生物の原型である「胎芽」から、ヒトの赤ちゃんである「胎児」と呼ばれる時期です。

顔もヒトらしくなり、手足を動かす様子が超音波検査では見られることも。なんとも可愛らしい時期です。

 

LINEで送る