日本勢メダルラッシュで話題!トップアスリートのママに共通する子育て「5つの秘訣」とは?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

現在開催中のリオ五輪では、様々な競技で日本人選手の“メダルラッシュ”! 日本中が湧いていますね。

中でも今回で3回目の五輪出場、日本男子テニスで96年ぶりにメダルを獲得した錦織圭選手の活躍ぶりを見て、スポーツ好きな子どもを持つママだったら、「もしかしたらいつかウチの子もトップアスリートに!?」と考えてしまうものです。

果たして、どうしたらわが子がアスリートとして大成できるのでしょうか?

今回は、1男2女を子育て中のママである著者が、「子どもをアスリートに育てる秘訣」を探っていきたいと思います。

小泉

 

■金メダリストたちが語る「ママへの感謝」

source:https://www.youtube.com/
source:https://www.youtube.com/

印象的だったのは、“前人未踏の4連覇”を果した女子レスリング金メダリスト、伊調馨選手が決勝に勝った直後に亡き母の遺影を抱きしめ泣いていたシーン。

思わずジーンときてしまったママもいるのではないでしょうか。

また、柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋選手を女手一つで育てた母、由香さんも注目されていました。

錦織圭選手も「子どもの頃からの母のサポートがあったからこそ、今の自分があると思っています。」と直後のインタビューや、過去のインタビューにて母への感謝を語っています。

そんな風に感謝される“偉大な母”には憧れますが、一歩間違えれば子どもに熱心すぎる“毒母”など、子の人生を支配しようと過干渉過ぎる親になってしまうこともあります。

では、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

LINEで送る