それフライングだから…!夫がやりがちな「職場・親戚へのNG妊娠報告」と対策

shutterstock_49051519
source:http://www.shutterstock.com/

妊娠が分かると、“夫にはすぐ伝えたい”という女性は多いでしょう。ただ、注意しなければいけないのは、夫が嬉しさのあまり、すぐ親や友人、職場の人間に話してしまう可能性があるということ。

妊娠初期はまだまだ不安定な時期。なにが起こるか分かりません。女性であればそのことを十分理解していますが、残念なことに男性はよく分かっていません。

万が一のケースを考え、夫に妊娠報告をする時にはそういったことをきちんと伝えた方がいいでしょう。

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、“周囲への妊娠報告をする際のタイミングと、夫への上手な伝え方”についてお話します。

黄本恵子PF

■周囲への妊娠報告、いつが最適?

妊娠初期はまだまだ不安定な時期ですから、周囲への妊娠報告はできれば“安定期”に入ってからが良いでしょう。芸能人もだいたい安定期に入ってから周囲に報告していますよね。

ただ、以下の場合は、早めに知らせておいてもいいでしょう。

(1)つわりなどがひどく周囲への手助けがほしい場合

つわりなどがひどく、周囲の手助けが必要になる場合、妊娠していることをあらかじめ告げておくと協力を仰ぎやすくなるという利点があります。

義両親や両親が近くに住んでいるなら、早めに知らせておいてもいいでしょう。

 

(2)ワーママで「ハードな仕事」の場合

立ち仕事が多かったり、重いものを運ぶ必要がある職場などの場合は、無理をせず、安定期に入ってからと言わず早めに報告しておくほうがいいでしょう。

 

(3)ご主人の職場が「残業や飲み会」などが多い場合

ご主人の職場が理解がある会社であれば、妊娠しているということを報告しておけば残業や飲み会の数など減らしてくれるかもしれません。

それぞれ夫婦によって事情が違うと思うので、よく話し合って決めておきましょう。

ちなみに、安定期前に会社に報告する場合は、報告する必要のある最低限の人(直属の上司など)だけに留めておくのが無難です。

ご主人が会社に報告する場合にも、このことはしっかり伝えておく必要があります。

また、できれば義両親と両親には“ほぼ同じぐらいのタイミング”で知らせておくように。

どちらかの両親は知っていて、どちらかの両親は知らないということになると、後々気まずいことになるケースもあります。

 

LINEで送る