【お片づけ先生直伝!#5】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~子どもが判断できるよう促す3ステップ~

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

小さな子どもが、使い終わったおもちゃを「自主的に片づけるなんてありえない」と思っていませんか?

毎日の生活の中で、“節目ごとにきちんとお片づけ”をしていたり、“おもちゃなどモノの気持ちを考える”習慣がつきはじめると「自主的なお片づけ」が必ずできるようになります。

それを後押しすることができるのは、お子さんの近くでいつも見守っているお母さんや先生の声かけになります。

お片づけ先生流「子どもが自主的にお片づけができるようになる5つの原則」を各回、ポイントごとに詳しくお伝えしていきます。

今回は、「要・不要を大人が決めるのではなく、子どもが判断できるよう促す」についてお話します。

伊東裕美PF

そもそも小さな子どもたちが、どうしたら自主的にお片づけをするようになるのでしょうか? 筆者も現在子育て真っ最中、10歳・5歳・3歳の娘がいます。

筆者は、お片づけ教育の専門家であり、子育て中の母でもあります。

仕事でも私生活でも実践し、わが子も含め数多くの子どもたちが自主的にお片づけができるようになっている方法。

ズバリ! 「お片づけ先生流“お片づけの5つの原則”」を皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

 

【5つの原則】

(1)絶対怒らない!

(2)普段使っているモノにも‘‘気持ち・命’’があるということを教える

(3)子どもが片づけられる仕組みをつくる

(4)片づけるタイミングを明確にする 例)出かける前・食事の前・寝る前

(5)要・不要を大人が決めるのではなく、子どもが判断できるよう促す★

 

■「使っている・いない」を判断するのがポイント

自分から進んでお片づけをするようになることは、残念ながら簡単なことではありません。

しかし、小さなお子さんでも確実にできるようになりますので気長に考えましょう。

“要・不要の判断”をするときは、「使っているか、使っていないか」で判断しましょう。

「要る・要らない」と判断すると不安に感じ、大人も子どもも「全部要る」になってしまいます。

判断する目的は、実際に「使っているか使っていないか」を知るため。

“捨てることが前提”にならないようにしましょう。

この判断は、3歳くらいを目安にできるようになりますので、ぜひ一緒に行ってみてください。

 

LINEで送る