あなたの夫はDV・モラハラ夫の特徴に当てはまる?「暴走化させるNGワード」とは

shutterstock_424767565
source:http://www.shutterstock.com/

夫の行動に、何だか恐怖を感じる。夫の言葉がトゲトゲしくて、いつまでも心に引っかかって苦しい。

もしも、あなたが夫に対してそのような印象を漠然とでも感じているのなら、DV・モラハラの予兆かもしれません。

今回は、夫婦問題のカウンセリングをする筆者が、DV・モラハラをしやすい夫の特徴と、暴走させないための未然の防止策についてお話ししようと思います。

 

■モラハラがDVに発展する?

モラハラという言葉も、最近はだいぶ世間に浸透してきました。が、まだその内実を理解している人はそう多くないかもしれませんね。

なぜなら、“コレをしたらモラハラ”というハッキリした定義があるわけではないからです。

夫の威圧的な態度、あるいは人格を否定するような言葉によって、妻が「ひどく傷つけられた」「心も体もボロボロになった」など、被害を受けたと感じた場合に夫が加害者ということになるのです。

このような精神的な虐待をそのままにしておくと、身体的な虐待(DV)にエスカレートするケースも珍しくありません。

「夫の言動がなんだかおかしい。これはモラハラかな?」と感じたら、早めに対策を取っておく必要があるでしょう。

 

LINEで送る