ママに嬉しい時短&節約にも効果的!「フリージング」の簡単活用法5つ

Photo by @hakuraku05
Photo by @hakuraku05

ママは毎日食事の準備で大変です。特に、離乳食にはとろみをつけたり、子どもと大人の食事は味付けも違うし、具材の大きさや茹で加減も変えなければなりません。

そんなとき活躍するのが“フリージング”です! お肉や野菜などを冷凍保存しておくと、食材は新鮮のまま、調理は時短にできます。

今回は、3歳と1歳になったばかりの娘がいる筆者が、わが家で大活躍のフリージング離乳食&幼児食についてお伝えします。

山田みき

 

■ゆとりが持てるフリージングのメリット

(1)新鮮&節約

新鮮なうちに冷凍しておくと、いつでも美味しい食材が使用できます。また、旬で安いときに多めに購入し、冷凍しておけば、節約にもなります。

使いたいときに欲しいだけ使えて無駄が出にくいのも魅力です。新鮮な食材は子どもに、節約はママに優しいですよね。

筆者の家では、バナナやメロンなど果物を冷凍しておいて、牛乳と一緒にミキサーにかけます。美味しいフレッシュミルクジュースができ、子ども達に大人気です。

 

(2)時短

使いたい大きさに、あらかじめ切ってから(食材によっては、火を通してから)保存するので、包丁を使わないで料理ができます。

ご飯を作る時間が短くなると、子どもと過ごす時間が増え、ゆっくり食事ができます。

 

LINEで送る