いないいないばぁが効かない…!あやしても笑わない赤ちゃんの「笑顔を増やす」方法とは?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

「うちの子、反応が薄いんじゃないか?」そんな風に悩むママは多いと思います。

中でも頑張って親があやしているのにニコリとせず、ずっと“ムスっ”としていると、不安になりますし、あやしているママも悲しくなってきますよね。

今日は子どもが笑いやすくなるあやし方についてを、1歳の子を持つ筆者がお伝えします。

Yuno PF

 

■よく笑う!子どもが大好きなあやし方トップ3

(1)いないいないばぁ

王道中の王道ですが、多くの子が笑います。

普通にママが自分の顔を隠してやっても良いですし、赤ちゃんの顔にハンカチをかけて「ばぁ!」とハンカチをとるのも面白がり、慣れていくと0歳でも自分でそれをやり始める子もいます。

 

(2)こちょこちょ

子どもはこちょこちょが大好き! お腹や首、足の裏と、その子それぞれに好きな場所があるかと思いますので探ってみましょう。

 

(3)足の裏同士でパンパン

赤ちゃんの左右の足裏同士でパンパンと音をたてます。歌を唄いながらリズムをとると一層喜びます。

 

LINEで送る