元園長が教える!「友達とのトラブルが多い年齢」と遊ばせ方のコツって?

shutterstock_186638426
source:http://www.shutterstock.com/

ママやパパも夏休みなどで親子で出かける機会も増えてくる時期。たくさんの子どもたちが遊ぶ場所へ足を運ぶことも多くなると思いますが、そんな時心配なのは子ども同士のトラブルです。

知らない子に子どもが手を出した、出された。相手の子を泣かせてしまった……など子どもの予期せぬトラブルもこの時期多くなります。

そこで今回は、年齢に合わせた子ども同士のトラブル対処法を元保育園園長の筆者がお伝えします。

 

■友だちとトラブルを起こしやすい時期は?

shutterstock_343101878 (1)
source:http://www.shutterstock.com/

●1歳

1歳を過ぎると徐々に自分以外の存在を知るようになり、ものの取り合いなどのトラブルが起こり始めます。

●2~3歳

この頃になると自己主張も強くなり、様々な場面で友だち同士のトラブルが見られます。

●4~5歳

自分たちでトラブルを解決しようとする力が付き始めます。

このトラブルを解決しようとする能力を付けるためにも、3歳頃までの経験はとても大切です。

 

LINEで送る