クラスに障害がある子がいたら…?「優しい子になる」親の伝え方

shutterstock_125864546
source:http://www.shutterstock.com/

あなたのクラスに落ち着きがなくウロウロする子、障害がある子がいた場合、あなたはどう感じ、どう子どもに伝えますか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ  テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“世の中にいる様々な人”についてお話します。

 

 

 

■クラスに皆の足を引っ張る子がいた場合

保育参観に行きました。すると先生がお話している間も教室内をずっとウロウロしている子どもがいました。クラスが何となく落ち着かず、わが子の集中が阻害されている感じがします。

そんな時、たとえあなたが心の中で「○○君はじっとしていられないお行儀の悪い子、しつけの出来ていない家庭の子だわ」と感じても、これを言葉に出してわが子に伝えてはなりません。子どもも人を見た目で判断するようになってしまうからです。

もし「どうして○○君はお椅子に座らないの?」と質問されたら「○○君は椅子に座るのがちょっと苦手みたいだけど、歩くのが得意なのね」とだけ言えばいいんです。後は子どもがどう感じようが自由です。

ただし、体操教室や英語教室の習い事の場合は“運動能力を付ける”“英語を学ばせる”など明確な目的があって時間をお金を投資して通わせます。

だから同じクラスにこれを阻む生徒がいたら、子どもがいないところで教室側にクレームを言うか、あなたがクラスを代わればいいのです。

でも保育園や学校は社会性を身に付け、世の中の縮図を体験する場です。自分の家庭とちょっと違う家庭の子と触れ合うことも大切な経験になります。

 

LINEで送る