ママの日焼け止めを舐めちゃった!抱っこベビーのいるママの日焼け対策3つ

shutterstock_106237082
source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんは3ヶ月頃から“舐める”行為が始まり、それが何であるかを口で確かめようとします。抱っこをすればママの腕やデコルテ、手が出るようになると首にしているネックレスに手を伸ばしてなんでもペロペロしてきます。

しかし今のような日差しの強い時期は、UV対策で日焼け止めを塗りますが、赤ちゃんが舐めてしまうことも……。

ママ自身のUVケアを控える方もいますが、日焼け対策をしないのも危険です。

そこで今回は、”赤ちゃんが日焼け止めを舐めた時の対応”や、”抱っこベビーがいるママのUV対策”をご紹介します。

 

■赤ちゃんが日焼け止めを舐めちゃった!どうすればいい?

日本中毒情報センターによれば、赤ちゃんがママの腕やデコルテを舐める程度ならば日焼け止めで中毒を起こすという心配はしなくていいとの事でした。

しかし、日焼け止めには紫外線吸収剤として”パラアミノ安息香酸系”、”サリチル酸系”という中毒性の強いものが含まれており、間違えて日焼け止めクリームやローションを大量に飲んでしまうと吐き気や嘔吐、腹痛を起こすという報告があるようです。

クリームを少量舐めた、ローションを一口飲んでしまった程度なら経過観察をして赤ちゃんの状態を観察しましょう。

ですが、もし前述の中毒症状が出てきたら、下記の中毒110番に電話して相談してみて下さいね。

●大阪中毒110番(365日 24時間対応)・・・072-727-2499 (情報提供料:無料)
 
●つくば中毒110番(365日 9時~21時対応)・・・029-852-9999 (情報提供料:無料)

 

LINEで送る