「ダメでしょ!コラ!」では子どもだって納得しません。シーン別ママの言い回しのコツ

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

まだ、言葉が出ていないわが子。「言ってもどうせわからないだろう」と思い、悪い行動をした時つい「ダメ!メッ!コラ!いけません!」」で済ませていませんか?

そこで今日は、『1人でできるになる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が「シーン別、ママが子どもを納得させる話し方」についてお話します。

立石美津子NEW PF

 

■朝の保育園での別れのとき

保育園で朝のお別れ、月曜日の朝や長いお休みの翌日には泣き方がいつもより激しくなりますよね。

そんな時、ママは子どもが玩具やお友達に気をとられている隙に、逃げるように去って仕事場に向かってはなりません。

「ふと気づいたらママの姿は消えていた」なんてやり方はママにとっては楽かもしれませんが、子どもは凄くショックを受けます。

別れ際には子どもの目をしっかりと見て「今からママはお仕事に行ってくるね。夕方にはお迎えにくるからね。保育園で楽しく遊んでいようね」と話しましょう。

泣いていても手はバイバイしていたりします。これは、悲しくてもママの言葉をしっかり理解して、泣きながら心の整理をしている証拠です。

 

■「ごめんなさい」を言わせたいとき

公園の砂場で玩具の取り合い、わが子がお友達を泣かせてしまいました。そんな時、咄嗟に「ごめんねは!?」と怒ったり、命令してはいけません。

 

怖いママの口調に釣られてオウム返しに「ごめんね!」と言う子ども。

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

でも、何故それがいけないのかわかっていないため、すぐにまた同じことを繰り返します。更に“謝ればその場を逃れられる”、“謝れば済む”という悪い癖もついてしまいます。

こんな時は「お友達が今使っているんだから、いきなり奪うのはいけないことだよ。『貸して』と言おうね」と話しましょう。

“何故、それがダメな行為なのか”を納得すると、今後同じ状況になったときも行動は変わってきますよ。

 

LINEで送る