子どもが「パパ嫌い」と言ってなつかない!ママが知っておきたい、パパのNGしつけ

shutterstock_130481906
source:http://www.shutterstock.com/

子どもがパパになつかないという話はよく聞く話です。やはりママの方が子どもと接する時間が長い家庭が多いため、パパにはなつきにくいのかもしれないですね。

とはいえ、筆者もそうですが、パパとしては早く帰った日や休みの日に子どもと遊ぼうと思っても、子どもが「パパ嫌い」と言って離れていくのはとてもさみしいものです。

普段、子育てをしているママとしても、パパがいるときは子どもをパパが見てくれていると、自分の時間を持てたり、ゆっくりできるのですが、パパになついてくれてないと困りますよね。

今日は、箕浦健治の著書『4歳~9歳で生きる基礎力が決まる!花まる学習式一人でできる子の育て方』を参考に、パパになつかないときの対処法を3児のパパである筆者の経験も踏まえてご紹介します。

三尾

 

■子どもがパパになつかない理由

筆者の知り合いにも平日は帰るのが遅く、休日にしか子どもと会えなくて、普段ママが子育てをしているというパパがいますが、やはり休みの日に子どもがなかなかなつかなくて困っています。

土日が休みなのですが、日曜日にはなついて遊ぶようになったとしても、また一週間たつと子どもはパパになつかなくなっているようです。

この例にあるように、普段からママと接することが多い子どもは、パパの顔を見たり、会話もしていないので、パパになつきにくいことがあるようです。

また、パパが家にいても疲れてゴロゴロしていたり、家のことに関心がなさそうであれば、子どもも「パパと遊んでもおもしろくない」と感じ、パパを嫌う傾向にあるようです。

では、そんなパパをどのように改善させればよいでしょうか?

 

LINEで送る