“曖昧な指示”がコツだった!「自分で考える子」に育てる秘訣

mother and small daughter looking at the viewer
source:https://pixta.jp/

子どもには自分で考えて行動できるようになってほしいもの。そんな子に育てるにはどうすればよいでしょうか?

大事なのは、子どもに考えさせる機会を与えることです。しかし、そのような機会を与えることができない場合、子どもが指示待ち人間になってしまう可能性があります。

箕浦健治の著書『4歳~9歳で生きる基礎力が決まる!花まる学習式一人でできる子の育て方』を参考に、その理由と子どもが自分で考えて行動できるようになるコツを筆者の経験を踏まえてご紹介します。

三尾

 

■「指示待ち人間」にさせているママのNG言動

子どもに考えることをさせずに、ママが子どもに細かく指示をしてばかりではよくありません。例えば、子どもを保育園に連れていく前、子どもに用意をしてもらうときに、「かばんにハンカチとティシュつめて!服着替えて!靴下はいたら歯磨きして!」というように細かく子どもに指示を出したりしていないでしょうか?

親は子どものためを思ってなんでも事細かに指示を出してしまいますが、これでは子どもはいつまでたっても自分で考えようとせずに、指示待ち人間になってしまいます。

また、何でも親が決める習慣をつけるのもNGです。

子どもが自分でやっていいことかどうかわからないときは親に「これやってもいい?」とか判断を聞いてくることがありますが、何でもやる前に「ちゃんとママに聞いてからやりなさい」というようなことを言っていると、ママの判断がないと何もできなくなってしまいます。

それではどのように子どもに言えばよいのでしょうか?

 

LINEで送る