「公共の場ではやめて…!」子どもが発する奇声4つの対処法

52456513

社会に関わって生きていく上では、マナーやルールを守らなくてはなりません。ところがそんな堅苦しいものとは“無縁の世界”からやってきたのが子ども達です。

ですから私達大人は、彼らにこの社会で生きるうえの約束事を教える役目があります。

例えば公共の場で子どもが大声や奇声を発すると、周りの目が気になり困ってしまいますよね。または公共の場でなくとも、不満や喜びなどの表明・表現方法としていつも大声出されるというのは、親のストレスになり兼ねません。というか、ストレスですよね。

今回はご機嫌妻アドバイザーであり4児の母である筆者が、子どもの大声と奇声の原因、その対処法についてご紹介します。

mica PF

 

■「子どもの大声・奇声」4つの原因例

年齢や月例にもよりますが、子どもが大声をだしてしまう原因を大まかに4つ挙げてみましょう。

(1)楽しすぎる!

兄弟やお友だちとつい盛り上がり興奮してしまった、という場合。

公園などでは問題ありませんが、例えば移動中の交通機関でとなると、楽しそうだからいいか、では当然ながら済みません。

 

(2)自分の話を聞いて!

ママに聞いてもらいたい、認めてもらいたい場合です。

例えばわが家では、子どもの内の誰か1人を褒めたときに、他の子どもが「自分だって、ああだ、こうだ」と口々に騒ぎ立てる、“過去の功績主張合戦”が勃発します。

非常にやかましく、結局ママの耳には、誰の言うことも頭に入りません。

 

(3)疲れた、眠い、お腹が空いた!

小さい子どもの行動は、自分の欲求に直結しているもの。その表現は常に直接的です。

“匂わす”、“ほのめかす”などという曖昧な言葉は、彼らの辞書にはありません。

筆者の次女がまだ幼稚園に通っていた頃、ママ友は次女の機嫌で時間を把握していました。「次女ちゃんが怒りっぽくなってきたら、もう5時かな? と時計を見ると大体あってる」とのこと。

大らかな気持ちで子どもに接してくれたママ友には、今でも頭が上がりません。

 

(4)思い通りにならない!

何か欲求があるにも関わらず、現実は自分の思い通りにならない場合です。

わが家の4番目である長男は、姉が3人いますので、当然ながら、思い通りにならないことだらけです。

ですので、家では残念ですが、ほぼ毎日叫んでいます。そして外にいる方が、おとなしく聞き分けがよくなります。

 

LINEで送る