悪い手本になってませんか?「できない人を馬鹿にする子に育ってしまう」3つのNG事例

shutterstock_95304460
source:http://www.shutterstock.com/

わが子には“心優しい人間になってほしい”“他人を思いやれる人間に育ってほしい”と思いますよね。でも、そう言いながら子どもに無意識に悪い手本を示している人がいます。

今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が親そっくりな子どもの態度についてお話します。

 

■「できない人を馬鹿にする子になってしまう」3つの事例

(1)カットができないからシャンプー係

美容院で、カットする役割を与えられずにシャンプー係りをしていた研修中のスタッフに対して、ある子どもがこんな一言を言い放ちました。

「この店員さんはまだシャンプー係りなんだ」

“シャンプー係りはまだ見習い中。慣れないからお客様のカットを任せられない”子どもはこのことを知識と持っていたわけではありません。親が「あの人はカットができないから、未だにシャンプー係りなのよ」と子どもに言ったことがあるからです。

 

(2)努力しないから勉強ができない

これは筆者の体験です。学力が低いため2年生で「9+3」の計算問題をやらされている生徒がいました。

するとその子の後ろの座っていた数人の子が「あいつ馬鹿だからあんな問題をやらされている」と笑いました。馬鹿にした言動を叱ると「別の話をして笑っていただけだよ。馬鹿になんかしていないよ」と言い訳をしました。出来ない子を見下した上、叱られたら言い逃れをする態度でした。

おそらく親が「○○君は努力しなかったから勉強できなくなったのよ」といったことを普段、口にしているのでしょう。直接子どもに言わなくてもママ友間や夫婦の会話で伝わっているのでしょう。

謝罪の前に言い訳する態度も同様です。

幼稚園への提出物を忘れて、先生にお咎めを受けたとき「あまりにもお便り多くて見逃しちゃうわよね。電話かメールで連絡してほしいわよね」と自分の失敗を棚に上げて子どもの前で文句を言ったり、登園時刻に遅刻することを注意されて「でも、いつも夜が遅いんで」などと言い訳する親の態度を子どもはしっかり観察しています。

 

LINEで送る