【ツレが産後ウツになりまして】第9回:妻の涙をぬぐう、赤ちゃんの小さな手

shutterstock_128936849
source:http://www.shutterstock.com/

大学病院の先生から届いた一通のメールから始まったわが子のアレルギー問題(『アトピー性皮膚炎との闘い・除去食の日々<後編>』より)、そしてスタートした除去食の日々で妻は疲れ果ててていた。

そんな妻の気持ちなどお構いなしに、相変わらず泣くことをやめないわが子……。

自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者・村橋ゴローが見た、最愛の妻が産後ウツになっていく……壮絶な産後育児をお伝えします。

 

■「泣くことは赤ちゃんの仕事」なら、わが子は過労死寸前

「もう行くところがない……」

妻は深いため息を吐きながら、うつむいた。傍らでは、生後3ヶ月の赤ちゃんが耳をつんざくけたたましさで、泣いている。

 

ウチの赤ちゃんは夜泣きといわず、一日のほとんどを泣いて過ごしていた。

これは以前も書いたがお気に入りのフレーズなので、もう1度だけいう。「泣くことは赤ちゃんの仕事」というが、それが事実なら、ウチの子はすでに過労死寸前だ。

何が不満なのか。

おっぱいが足りないのか、眠いのにママが寝かすのが下手なことに怒っているのか、ウンチが4日も出てないためお腹がパンパンに張っているのか、顔の赤みがかゆいのか。

たぶん、すべてが原因なのだろう。

わが子の育児トラブルは、それらすべてが当てはまっているからだ。それをわかっているだけに、妻は、今度は自責の念のこもった深いため息を吐いたのち重い腰を上げ、玄関先でベビーカーの用意をした。昼の1時なのに、今日だけですでに3度目の光景だ。

ウチの子はベビーカーに乗せるとその揺れが心地いいのか、高確率で寝てくれる。そのため妻は、登板過多となったベビーカーの出陣を用意しているのであった。

しかしお散歩のローテーションにも限界があった。往復2キロ圏内でスーパーは3軒、ドラッグストアは4件、公園は3軒。そして、冒頭のセリフに戻る。

「もう行くところがない……」。

 

LINEで送る