誰のおかげでメシを食べられると思っているんだ!ありがちな「DV相談事例」トップ3

shutterstock_363777953
source:http://www.shutterstock.com/

今昔問わず、夫婦げんかの際に夫が「誰のおかげでメシを食べられると思っているんだ!」と言うことは、世の妻たちのあるあるネタだと思います。

最近では妻が結婚・出産後も共働きの夫婦が増えてきたとはいえ、まだまだ夫の収入のほうが高いことが多く、夫からのこのような暴言はDVやモラルハラスメント(モラハラ)に当たるのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、弁護士の筆者が、「これってDVじゃないの?」としてよく相談される事例を取り上げ、実際に夫からDVを受けたときにはどうしたらよいかについて解説したいと思います。

 

■よくある「これってDVですか?」相談事例トップ3

(1)「なんで俺を怒らせることばかりするんだ!」暴言を吐かれる

夫が、「お前には関係ない!」、「なんで俺を怒らせることばかりするんだ!」、「バカ!」、「お前の親はおかしい!」などと、自分の非を認めなかったり妻やその家族に対して人格非難をしたりする発言をしたことを理由として、妻から「これってDVやモラルハラスメント(モラハラ)に当たりませんか?」という相談を受けることがよくあります。

 

(2)暴力を振るわれる

夫に暴力を振るわれたとして、妻から「離婚や慰謝料請求はできますか?」という相談も多いですね。

 

(3)生活費を渡さない

「夫が借金をしているため、生活費をくれず子どもの物を買うにも困っています。」、「夫は浪費しているのに私には生活費を満足に与えず、私は実家から援助を受けています。」などと、夫から生活費をもらえないので離婚を考えていますという相談もよくあります。

 

では、これらの暴言・暴力や生活費を渡さないことがDVに当たるかどうか?

暴言や暴力が“通常の夫婦げんかの域を超えて、複数回かつ一定期間行われたとき”はDVに当たります。

また、衣食住にも困る程度しか生活費が渡されていない場合は経済的DVといえます。

冒頭で例に挙げた「誰のおかげでメシを食べられると思っているんだ!」という発言については、それが夫婦げんかの際に1回言われただけではDVとはいえませんが、回数が多い、声量が大きく妻を畏怖させた、夫の言うことに従わないときに実際に食費をくれなかった等の事情があればDVに当たるといえるでしょう。

 

■夫からのDVがあれば離婚できる?

shutterstock_279841418
source:http://www.shutterstock.com/

LINEで送る