SOSのサインだった…!? 子どもに「ほら、人が見てるでしょ」としつけるママの悩み

shutterstock_344269313
source:http://www.shutterstock.com/

街中やお店で子どもがぐずったり、泣いたりしたときについつい「ほら、人が見てるでしょ!恥ずかしいからやめて!」などと言ってしまっていませんか?

ついつい他人のせいにして注意をしてしまうことってありますよね。

実はこれ、ママ自身のSOS信号になっているということをご存じですか?

箕浦健治の著書『4歳~9歳で生きる基礎力が決まる!花まる学習式一人でできる子の育て方』を参考に、その理由とSOSを出しているママに必要な解決法を筆者の経験を踏まえてご紹介します。

 

■「ほら、人が見てるでしょ!○○しなさい」は言っちゃダメ?

子どもがぐずったり、泣いたりするのはなぜでしょうか?

子ども自身イライラしていることもありますが、一番の理由はママに自分の気持「ほら、人が見てるでしょ!○○しなさい」は言っちゃダメ?ちをわかってもらいたいからです。

先ほどの子どもが転んで泣いている例がありましたが、対して痛くなさそうなときでも泣いたりすることってありませんか?

これはママに痛いのをわかってほしいから泣くんですね。

そんなときに子どもの気持ちは無視して、「人が見てるでしょ!」という言い方は、子どもから「ママは自分の気持ちをわかってくれない!」というような気持ちになってしまいます。

子どもが痛いと言ったなら、まず「痛かったね。大丈夫?」と共感してあげると子どもは泣き止みますし、ママがわかってくれたと感じて落ち着いてくれるはずです。

でも、この他人のせいにして叱ることが、実はママのSOSでもあるのです。

 

■「子どもに共感できないママ」が増えている?

shutterstock_114569563
source:http://www.shutterstock.com/

なぜ人のせいにして叱るのが、ママのSOSなのでしょうか?

それは子育てに余裕がなくなってきていて、子どもに共感できなくなってきているママが増えているからです。

昔は家族や地域の人で支えあって子育てをしていましたが、今はママ一人になってることも少なくありません。

また、共働きの世帯も増え、ママが仕事で忙しい中、子育てを一人でやっているケースだと、「自分ががんばらなきゃ!」とがんばりすぎてしまったり、忙しさのあまり疲れてしまっていることもあります。

心に余裕がなくなってしまい、子どもへの共感ができなくなっているのです。

では、そんなママたちが心の余裕を持つにはどうすればよいでしょうか?

 

LINEで送る