【8月1日は世界母乳の日】生後すぐの授乳で生存率3倍!? 知っておきたい「母乳110番」と豆知識

8月1日は“世界母乳の日”だとご存知でしたか?

また、8月1日~7日を世界母乳週間というそうです。筆者は今11ヵ月の子どもがいますが、幸いにも、産後すぐから現在までずっと母乳の出はとても良いので“完全母乳”です。

そのおかげなのかは定かではありませんが、子どもは今までに1回だけ鼻かぜを経験しただけで、両親が風邪をひいていても移らずにいるので、かなり免疫は高いのかな? と思っています。

もちろんミルクで育てた場合にも健康にすくすく育つ子もたくさんいますが、今日はせっかくの母乳の日なので、母乳のメリットや、何でも気軽に相談できる“母乳110番”などについてご紹介します。

Yuno PF

 

■生後1時間以内の授乳によって生存率が3倍に?!

セーブ・ザ・チルドレンの報告によると、生後1時間以内に“初乳”を与えることで、赤ちゃんの免疫システムが機能し、生存率が最大3倍になるんだそうです!

日本のように設備などが整った環境ですと、赤ちゃんがきちんと生きられるかという問題はあまり深刻ではないのかもしれませんが、途上国では話は別です。

とは言え、環境の整った日本でも同じように、赤ちゃんの免疫機能は高い方がその後も風邪や病気に強くなりますから、可能な限り1時間以内の授乳は試みたいものですね。

 

LINEで送る