不倫は違法行為、「一夜のアバンチュール」に要注意!不倫に潜む10のリスク

source:http://www.shutterstock.com/

最近、芸能人や有名人の不倫報道が相次いでいるように思えます。

不倫をテーマにした小説やドラマは昔からありますし、ここ数年ではもはやブームに。世間でも不倫関係にある男女がそう珍しくなくなっているかもしれません。

“火遊び”とも表現されるように、まるで、一種のゲームのように軽い気持ちで不倫に手を出してしまう人間心理の弱さはあると思いますが、不倫をすると、他人から「ゲス」と言われるだけでなく、法律上も事実上も以下のようなリスクがあります。

 

不倫のリスク10例

(1)「配偶者との間に子どもがいる場合、子どもの信用を失う。」

パパ(ママ)が不倫していること知ったら、お子さんは大変傷つきますし、お子さんの信用を失うことは間違いありません。

 

(2)「離婚した場合、親権を失う。」

不倫によって家庭不和が生じて離婚したとなったら、もうお子さんと会えなくなるかもしれないリスクがあります。

離婚原因が自分にあったとしても、法律上は面会交流を求める権利はありますが、お子さんの気持ちが優先されますから、事実上、お子さんに会う機会を一生失うかもしれません。

 

(3)「社会的信用を失う」

配偶者や不倫相手が職場に入る場合、社内でうわさが広まり、社会的信用を失う可能性が大です。自営業だとしても、うわさはすぐ業界内や近所で広まるでしょう。

 

(4)「友人を失う」

配偶者や不倫相手が同級生だったり、職場以外でもコミュニティが一緒だとすると、そのつながりの友人を失うことにもなりかねません。自分でも気まずくて同窓会などに顔を出しづらくなるでしょう。

 

(5)「配偶者と不倫相手の双方を失う可能性」

配偶者と離婚条件の折り合いが付かない間に不倫相手から愛想を尽かされ、長期間の紛争の後に配偶者と離婚が成立するなどして、配偶者と不倫相手の双方を失うこともままあります。

 

LINEで送る