【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#16 「子育てだけが生きがいの人生」はよくないのでしょうか?

tekito16
(C)あべゆみこ

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第15回は『なかなか文字を覚えてくれないんですが…』の疑問にお応えしましたが、第16回のテーマはこちら。

tekito16

■空の巣症候群の予備軍にならないように

“空の巣症候群(からのすしょうこうぐん)”とは40代~50代の女性に見られる抑鬱症状。

子育てが終わり、子どもが結婚したり就職したりして家を出て行ったあと、空虚感にさいなまれる症状をさします。

夫は仕事で忙しく“これからは自分のためにやっと好きなことが出来る”というラッキーな状況なのにも関わらず、世話をしたり構ってやれる相手がいなくなり、空虚感に襲われ涙もろくなります。

 

■幼児期に「子育てが生きがい」なのは悪くはない

世の中には子育てを他人に丸投げして自分の仕事や趣味を優先させたい人もいます。反対に、自分のやりたいことをすべて犠牲にして子育てだけに専念する人もいます。

後者の場合これが行き過ぎて、子どもを親の思う通りコントロールし“子どもが良い子に育っていること=いい出来栄えの作品=自分の存在価値”となってしまう人もいます。

子育ての主体は家庭であり、その担い手は主にお母さんとなります。でも、子どもを自分の所有物のように錯覚するのは危険なことです。

乳幼児期はママの姿が見えないと“金魚の糞”のように母を追い求めていた子どもも成長するにつれ、親と一緒にいるよりも友達との時間を大切にし、ママの知らない世界を作り始めます。

すると、それまで“自分の存在価値=子どもの世話をやくこと”のみだった場合、子どもが離れていくような気がしてなんとも言えない寂しさに押し潰されます。

50代になって子どもが独立したり結婚したりして本当に家にいなくなると夫婦二人だけになってしまい、打ち込むことがなくなり鬱状態に陥る人もいます。

 

LINEで送る