一見丁寧な言葉だけど…「否定形が隠された」子どもが伸びない励まし言葉って?

shutterstock_108233726
source:http://www.shutterstock.com/

「ふざけないでね」「忘れものをしないようにね」「負けないように頑張ろうね」一見、丁寧な言葉ですね。でも、皆さんはお気づきですか。これがマイナスに作用することを……。

今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が“否定形の言葉を使うこと”についてお話します。

 

■「脳は否定形に引っ張られる」3つの事例

(1)平均台

幅15cmの平均台の上に乗って「絶対に落ちないように気を付けて渡りましょう」と応援されたとしましょう。

「落ちてはいけない、落ちてはいけない」と意識し過ぎて足がフラフラして、きっと「オットトトトト」と落ちます。

でも、全く同じ15cm幅でも、この線が床に書いてある状況で「この上を歩きましょう」と言われるとスイスイ歩けたりします。

なぜでしょう?

後者は「落ちるかもしれない」と一瞬たりとも思わないからです。でも前者のように「落ちないように気を付けてね」と言われると意識がそちらに引っ張られてしまいます。

 

(2)頭がマヨネーズでまみれた猿

「絶対に頭がマヨネーズでまみれた猿を思い浮かべてはなりません!」

さて、今、あなたの脳の中には何が浮かんでいますか? “頭がマヨネーズで覆われた猿の姿”ですよね。

思い出さないどころかなかなか消えないはずです。

寝る前もまた思い出すかもしれません。

 

(3)タイガーウッズ

プロゴルファーのタイガーウッズ。最後の優勝争いの時の一球を「もしかしたら入らないかもしれない。だから頑張ろう」とは絶対に思わないそうです。

「必ず入る!」とプラスのイメージをして脳に暗示をかけているそうです。

するとボールが生き物のように10cmの穴に向かってスルスルと向かうそうです。

オリンピック選手もメンタルトレーニングで成功イメージを持って取り組みます。

 

LINEで送る