「どうしてママにはおっぱいがあるの?」子どもが“性への興味”を持ったときのNG対応・スマート対応

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

小さい子どもを持つママ・パパが、いずれは考えなければいけないことのひとつが、“性教育”。

とはいえ、「うちの子はまだまだ」「小学生になってからで大丈夫」なんて悠長に構えている方は多いのではないでしょうか?

子どもが性に興味を持ち出す年齢って、意外と早いようですよ。

特に、未就園児では、男の子より、女の子のほうが性に対して敏感なようです。筆者のママ友の子どもも女の子の場合、3歳児で早くも「赤ちゃんってどうやって生まれてくるの?」と訊いてきたり、タブレットで偶然出産シーンの動画を開いてしまい、真剣に観ていたなんてこともよく聞きます。

小学校に上がる前の子どもに対しての性教育、ママとパパは、どんな心構えで対応をすればいいのでしょうか?

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、「子どもが性への興味を持ったときの両親のNG対応・スマート対応」についてお伝えします。

黄本恵子PF

 

■急に女っぽくなる幼稚園児…性の差を意識し始めるのは2歳から!?

男の子と女の子の違いを科学的に分析したリーズ・エリオットの著書、『女の子脳 男の子脳 – 神経科学から見る子どもの育て方』によると、「男の子と女の子の隔たりは2歳から6歳のあいだで飛躍的に広がる」と書かれています。

そしてそれは、後に現れるよりずっとハッキリしているそうです。

男の子と女の子の差は、遺伝子やホルモンの影響など生まれつきな部分もありますが、多くは親や周りの大人が与えるおもちゃや、テレビなど“環境的な要因”によって決定づけられると言います。

確かに、日本でもおもちゃ売り場は女の子用・男の子用と明確に分けられていますし、幼稚園児が好んで見る子ども用アニメもそうですよね。

子どもがこの時期に急に女っぽくなったり、男っぽくなったり、“性差”を意識し始めるのは、必然的といえます。

そして、「自分は女の子」「自分は男の子」という性差を認識し始めると、出てくるのが、「どうして男の子には“おちんちん”がついているの?」「どうしてママには“おっぱい”があるの?」「赤ちゃんはどうやって(どこから)産まれるの?」という性に対する疑問です。

幼児期の子どもというのは、とにかくなんでも疑問に思ったことは「なんで?」「どうして?」とすぐ口に出して親に質問するもの。

性にまつわる具体的な質問やきわどい質問を受けて、親として戸惑う時期というのは、もうすぐそこまで来ているかもしれません。

 

LINEで送る