やっぱり欲しい…!「2人目の壁」を乗り越えるための6つのポイント

shutterstock_309373178
source:http://www.shutterstock.com/

第1子の誕生から1~2年くらい過ぎると、“赤ちゃん”が恋しくなってくる、といった経験はありませんか?

その頃からママ同士の会話の中でも「2人目どうする?」なんて会話が増えてきます。夫婦間では、1人目よりも2人目のタイミングの方が様々な事情から悩むことが多いのではないでしょうか。

特に育休明けて復帰したばかりだと、仕事と2人目のタイミングはなかなか見つけられなかったり…。

今回は、2人目が欲しいと思っているみなさんへ、『なぜ、あの家族は2人目の壁を乗り越えられたのか?ママ・パパ一〇四五人に聞いた本当のコト』から、2人目の壁を乗り越えるための6つのポイントをご紹介します。

 

■「2人目の壁」を乗り越える6つのポイント

(1)ママの周りの「子育てレンジャー」を味方につけよう

●祖父母のサポート

●第1子

子育てで真っ先に思い浮かぶのが、実家のサポート。祖父母のサポートを上手に受けると大変助かります。

2人目の産後は第1子のご飯やオムツ替えと赤ちゃんのお世話が同時進行。そんなとき、上の子のケアはママが、赤ちゃんのお世話は祖父母が担ってくれると、上の子も落ち着きます。

第1子にも「オムツとってきてくれる?」「ありがとう、〇〇ちゃんが手伝ってくれるとママ助かるわ」とやり取りを繰り返すうちに、赤ちゃん返りしていた子が、嬉しそうにサポート役になってくれたり、小さなパパやママのように赤ちゃんのお世話をしてくれたりも。

 

(2)“三種の神器”家電を上手く利用する

shutterstock_252454855
source:http://www.shutterstock.com/

子どもが増えると洗濯物や食器洗いが増えます。筆者自身も、仕事から帰ってきて、大量の洗濯物の山を見ると凹みました。でも、洗濯乾燥機に変えてからは、かなり負担が減りました。

2人目を考えたら、家電をそろえるだけでも心強い味方になってくれます。

お掃除ロボット、食洗機、コードレス掃除機は共働き家庭ではよく見かける“三種の神器”です。さらに、洗濯乾燥機もあると雨の日でも乾燥できて大変便利です。費用はかかりますが、ただでさえ人出が足りない部分を、家電がサポートしてくれたら驚くほど助かります。

 

LINEで送る