江口洋介の新ドラマ「はじめまして、愛しています。」で話題!“ネグレクト”の実態と発見した時の対処法

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

“特別養子縁組”を題材にした江口洋介さん主演のテレビ朝日系ドラマ「はじめまして、愛しています。」第1話では、主人公夫妻の家を訪れた男の子に“ネグレクト”の疑いがあり、夫妻がその男の子を特別養子縁組で迎え入れようとする場面が描かれていました。

特別養子縁組については安田成美さん主演のドラマ「朝が来る」でも取り上げられるなど、話題となっていますね。

今回は、「はじめまして、愛しています。」で取り上げられた“ネグレクト”とは何なのか?

虐待と何が違うの? という点や、“ネグレクト”されている子どもを見つけたらどうしたらいいのか、という点について解説したいと思います。

 

■「ネグレクト」は立派な虐待!具体的なケース7つ

ネグレクトを日本語にすると“育児放棄”であり、ネグレクトは厚生労働省が分類する虐待の類型の1つです。

具体的には、

・子どもの意思に反して登園、登校させない

・病気になっても病院に連れていかない

・予防接種を受けさせない

・乳幼児を車中に放置する

・食事を与えない

・子どもを不潔なままにさせておく

・同居人が上記のような行為を行っているにもかかわらず見て見ぬふりをする 

などがネグレクトに当たります。要するに、「親として通常要求される育児行為を行わないこと」がネグレクトに当たると考えてよいでしょう。

ネグレクトは暴力などの身体的虐待と同じく立派な児童虐待であり、“刑事罰や親権停止・喪失”の対象となります。

とくに、夫(内縁の夫や他の親族も含む。以下同じ。)が子どもを虐待しているのを知っていた場合、妻は夫が怖くて注意しづらかったという状況があったとしても、“保護責任者遺棄罪”の共犯となってしまう可能性があることに注意が必要です。

 

LINEで送る