最もツラい「思いやりのない言葉」はどんな言葉?優しい子に育てるためにしたい2つのコト

shutterstock_90342844
source:http://www.shutterstock.com/

自分が子どものころに言われて嫌だった言葉って結構覚えてたりしませんか?

親になって「自分が言われて嫌だったことは言わないようにしよう」と思って子育てしていても、イライラしたり、自分の思い通りにいかなかったりすると、つい言ってしまうことがあります。

子どもには思いやりを持ってほしいと考えていても、親がそのような思いやりのある言葉をかけていなければ、子どもにもその気持ちは伝わらないですよね。

そこで今日は、箕浦健治の著書『4歳~9歳で生きる基礎力が決まる!花まる学習式一人でできる子の育て方』をもとに子どもの思いやりを育むために何をすればよいのか、筆者の経験も含めてご紹介します。

三尾

 

最もつらい「思いやりのない言葉」とは?

あなたが思う「思いやりのない言葉」とはなんでしょうか?

いろいろあると思いますが、子どもにとっては親が無関心であったり、子どものやったことを認めてくれないときに「つらい」と感じます。

特に子どもが自分でやったことに対して、親の反応が悪いとショックを受けます。

例えば、ママが喜んでくれると思って、子どもが家族のために家の掃除の手伝いをして、「ママ、家の掃除をしておいたよ~」と言ったとき、「何やってんの?勝手にやるのはやめて!」「ここにこんな物を片づけないで。こっちに入れてって言ったでしょ!」と否定したり、ダメ出しするのはよくありません。

また、子どもが保育園や幼稚園のできごとを言ってきても、「あっそ」「ふーん」という無関心は思いやりがない言葉になります。

手伝いに関しては、パパ相手でも同様です。

ママ友からついダメ出しをしてしまうと聞きますが、パパのやる気を削いでしまいますね。

 

LINEで送る