お腹が大きくなったら着たいマタニティウエア!最オシャレな「プチプラ妊婦さんコーデ」4選

Photo by @nana7_photo
Photo by @nana7_photo

少し前までは、妊婦さんとオシャレはなんだか無縁な印象でしたが、最近の妊婦さんは、おしゃれを楽しんでいます!

そのまま、産後の授乳に対応しているものや仕事でもちゃんと見えるものなど、様々なマタニティウエアがありますよね。

しかし、どんなものを選んだらいいか、特に初めての妊娠では迷いますよね。

今回は、2人の女の子のママである筆者が、マタニティウエア(洋服)の選ぶポイントをお伝えします。

山田みき

 

■マタニティは洋服はどんなものがベストなの?

妊娠4ヵ月~5ヵ月前後で洋服を変える人が多いですが、これから先どんどん体が変化をするので、どんなものがベストなのか悩む時期です。

実際、お腹の大きくなり方も個人差があり、妊娠していることがわかないくらいにしかお腹が大きくならない人もいれば、前に突き出てかなり大きくなる人もいて様々です。

今の服が窮屈に感じてきたら、マタニティウエアに変えるといいですよ。

マタニティウエア選びのポイントは3つです!

(1)締め付けがない、ゆったりなもの

締め付けがあると、妊娠後期で着れなくなったり、気持ちが悪くなったりしやすくなります。

商品によっては、ワンサイズ大きめのものを選ぶといいです。

 

(2)授乳しやすいもの

できれば、産後まで着たいものですよね。授乳は2年近くする人もいます。マタニティウエアでなくても授乳しやすい服は長く着られます。

また、授乳室によっては、ソファーなどにみんなで腰かけて授乳する部屋も少なくありません。

その際、Tシャツやトレーナーは、下から全てをめくり胸を出すので、みんなの前で胸、お腹、腰をさらけ出すようになります。(ちょっと恥ずかしいですよね)

ワイシャツなど、ボタンが胸近く前あり広がるタイプがオススメです。マタニティ用でしたら、授乳口があると便利です。

ですが、ただ単純に胸元に穴が開いているものは、下に何かを着なければならなく、結局、授乳しにくいので、授乳口が見えにくいようにデザインがされているものがオススメです。

 

(3)デザイン飾りがないもの

赤ちゃんを抱っこすると、赤ちゃんの顔は、ママの胸元に当たります。その際、ボタンやリボン、スパンコールなど飾りがあると、スリスリする赤ちゃんの肌が赤くなってしまうこともあります。

また、ミルクを吐いたり、よだれがついたりなど、洗う機会も増えるので、ザブザブと洗えるものが使いやすいです。

色々なママの意見を聞くと、「必要最低限の購入でよい」「産後は新しい服が欲しくなり、妊娠中のものは授乳口付きだけど使わなかった」などの声があります。

期間限定の妊婦生活なので、ご自分の性格やライフスタイルに合わせた購入をオススメします。

 

LINEで送る