家ではイイ子なのに「保育園ではモンスターチルドレン」の子どもは危険な理由!

tekitoillust
(C)あべゆみこ

“家ではいい子なのに、保育園では悪いことばかりする”こんな子どもはちょっと問題があるかもしれません。

そこで、今日は『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話します。

 

■「モンスターチルドレン」とは

モンスターチルドレンとは幼稚園、保育園、小学校で身勝手な行動をし、要求や苦情を繰り返す子どものことを指します。学級崩壊の原因ともなっています。いわゆる“問題児”と言われるタイプの子どもですね。

そして、その親の特徴として「うちの子は悪くはない、先生の対応が悪いからだ」と理不尽で身勝手な要求をしている態度が見られると言われています。つまり、モンスターペアレンツの子どもがモンスターチャイルドになる傾向があるのかもしれません。

 

LINEで送る