高知市で死亡事故…。夏休みは要注意!「水難事故を防ぐ方法」とその対処法

source:http://www.shutterstock.com/

もう小学校も夏休みに入りましたね。今年の夏もいよいよ本番です。

これからは長期のお休みを利用して家族で旅行に出かけたり、実家に帰省したりすることも増えるでしょう。海や川などでの水辺のレジャーも、暑い日にはとても気持ちの良いものです。

しかし、夏休みには毎年のように水難事故のニュースを耳にします。つい先日も、高知市にて溺れた子どもを助けようとした父親が亡くなるという悲しい事故がありました。

今回は看護師である筆者が、夏休みに起こりやすい水の事故について、その予防と万が一事故に遭遇した際の対処法について説明いたします。

 

■レジャー時はあらゆるリスクを想定し、準備をしておく

子どもたちはおそらく、楽しくて周りが見えていないはずです。そんなときこそ、大人が冷静になって起こり得るあらゆるリスクを想定しておくことが大事です。

それは海や川など自然の中だけではなく、大きなプールでもお家で遊ぶビニールプールでも同じことですね。

子どもの機嫌の良し悪し、顔色、発汗の状態や食欲、口数など普段の様子と違うところはないか、もしあったなら、急に体調不良を起こした場合はどうするかなど、いざという時に慌てないようにしっかりと準備しておくことが大切です。

旅行先などの場合は、保険証を持参すること、近くに病院はあるかどうかなどもきちんと確認しておきましょう。

前日や当日の気温や天候なども、海や川で遊ぶ場合は重要な情報です。何かあった時に携帯電話は使える場所なのかも重要ですね。

 

万が一に備えて、物品などもしっかり準備をしておきましょう。”備えあれば憂いなし”です。

そして子どもだけでなく、親である自分たちが体調不良になった場合はどうするかなど、家族内できちんと共有しておくことも必要です。

もちろん、理解できる年齢ならば、子どもたちには”万が一溺れたときはどうするか”ということを伝えておきましょう。”水の中ではあばれないこと”、”慌てずに身体の力を抜くこと”、”浮いて待つということ”です。

 

LINEで送る