松嶋菜々子の新ドラマはワーママ要チェック!「マミー・トラックの実態」と女性を応援する企業TOP10

source:http://www.shutterstock.com/

昨晩からスタートしたフジテレビの新木曜ドラマ『営業部長 吉良奈津子』。松嶋菜々子さん主演ということもあり、多くのママが初回を楽しみにしていたのではないでしょうか?

ドラマは松嶋さん演じる吉良奈津子が働いていた広告代理店に3年の育児休職を経て復帰するも、クリエイティブ部門から外され、“営業部長”になるところからスタート。

「あなた(吉良奈津子)がオムツを替えていた3年間、社会は変わってしまったんだよ……」など同僚たちの辛辣なセリフも、ワーママが頑張ることでどう変わっていくのか、今後が展開が楽しみな内容でした。

今回は、ドラマからワーママの悩みである“マミー・トラック”とその実態を探ってみます。

 

■「マミー・トラック」はママのキャリアを閉ざす?

ワーママが職場復帰後に経験しがちな“マミー・トラック”というものがあります。

これは、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。

ママではない女性がキャリアアップしていくのに反し、ママは時短勤務や急な保育園からの呼び出し、子どもの病気などで休むこともあって補助的な仕事しか与えられない職場が依然として多く、不本意ながら出世コースから外れた“マミー・トラック”に乗ってしまうことがあるのです。

ママだから、と職場や職種を変えざるを得ない人や、同じ職種でも働き方を変えたため同じような給料が得られない……など様々な悩みがあるのも現実。

仕事も育児も頑張りたいのに、ママが働きやすい環境はいまだに十分とは言えないのが現状です。

 

■ママが活躍しやすいように「女性活躍」を勧める制度も

女性の希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる仕事環境を整備するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されました。

これにより、平成28年4月1日から、労働者301人以上の大企業は、“女性の活躍推進”に向けた行動計画の策定などが新たに義務づけられています。

また、行動計画の届出を行い、女性の活躍推進に関する取組の実施状況が“優良”な企業については、申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付することができます。

つまり、この制度は働く女性(ママも含む)にとっても、企業にとっても、より女性が社会で活躍しやすいように国が定めた制度なのです。

様々な企業がある中で、実際に「女性の働きやすい企業」と言われているのには、どういった制度や風土があるのでしょうか?

 

LINEで送る