汗クサッ…!「子どもの汗のニオイ」男の子・女の子での違いはあるの?

shutterstock_97248461
source:http://www.shutterstock.com/

梅雨が明け、暑くじめじめした日が続くこの時期、どこにいても汗をかいてしまい体がベトベトで臭いが気になっている方も多いと思います。

自分のみならず、可愛いわが子からも“ワイルドな臭い”を感じた事はありませんか?

筆者ママ友に「子どもを臭いと感じた事があるか」アンケートをしたところ、多数のママが「臭いと感じた事がある」と答え、特に男の子のママに多かったです。

臭いの種類も「ケモノの臭い」、「生乾きのようなジメっとした臭い」、「酸っぱい」、「電車でどこからともなく匂ってくるアノ臭い」、「パパと同じオッサンな匂い」など。ママとしては想像したくない臭いですね……。

そこで今回は、子どもの汗臭さの原因と、男女差による違いとその理由についてご紹介します。

 

■赤ちゃんも「大人顔負けの臭い」がするのはナゼ!?

赤ちゃんや子どもが大量に汗をかいているように見えるのは、小さい体表面積に大人と同じくらい汗線が存在しているからで、頭に大量の汗をかく子は頭に汗線が多いからと言われています。

汗自体に臭いはありませんが、大量にかいた汗をそのまま放置しておくと雑菌が増える事や、皮膚に住む常在菌が汗の中に含まれる皮脂などを分解して繁殖する時に臭いが発生します。

そして、脇の下に存在するワキガの原因でもあるアポクリン腺が赤ちゃんの体の表面には沢山あり、それが原因で一時的に臭いが強まる事があるようです。

このアポクリン線は成長と共に消滅していき、思春期以降に働き始めるので、アポクリン腺が多いからといって赤ちゃんからワキガのようなにおいがする事はあまりないようです。

3歳までに一生分の汗線の数は決まると言われています。

但し、臭くならないようにと汗をかかないようにして涼しい部屋にいては、赤ちゃんの汗腺が開かず体温調節ができなくなってしまい、体に良くないので、夏でも午前中の比較的涼しい時間帯に外へ出て沢山遊んで汗をかく事が大切です。

 

LINEで送る