初産の平均年齢は30年間で4歳も上昇…!? 「高齢出産ママの心構え」6つのポイント

source:http://www.shutterstock.com/

2015年の芸能界は出産ラッシュ。菅野美穂さん、松たか子さん、はしのえみさん、一青窈さん、蛯原友里さんなど多くの芸能人がママになりました。彼女たちはいずれも高齢出産ママです。

女性の社会進出がめざましい現代。初産での出生数は、35歳以降の年代で増加傾向にあり、2015年時点での第一子出産の平均年齢は30.7歳と、26.7歳だった1985年からの30年間で、4歳も上がっていることになります。

source:http://www.mhlw.go.jp/

そこで今回は、高齢出産を経験した筆者が「高齢出産に向けて、ママが実践したい項目」についてお話します。

 

■1:35歳以上で妊娠高血圧症のリスク高まる!? 「塩分は控えるべし」

高齢妊婦が気を付けたいのが“妊娠高血圧症”です。この病気は胎児や母体に重篤な影響をもたらします。35歳以上で発症率が高くなり、40歳以上ではさらに危険が高まるといわれています。

予防としては体重のコントロールと減塩です。味付けの濃い外食やジャンクフードはなるべく控えるようにしましょう。

 

■2:臨月に17キロの増加…「体重の増加に注意すべし」

妊娠中に気を付けたいのが急激な体重の増加です。私は妊娠後期から急激に体重が増加し、臨月にはなんと“17キロ”も増加してしまいました。出産しても胎児と胎盤や羊水などで5~7キロ程度しか減りません。

20代までと違って増加した体重はなかなかもとには戻りませんし、急激な体重の増加は“妊娠高血圧症”のリスクも高めてしまいます。極端な食事制限等でダイエットをする必要はありませんが、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

■3:胎児に感染の恐れ!? 「風疹の抗体を確認すべし」

妊娠初期に風疹に感染すると、母体をつうじて胎児に感染し、難聴、心疾患、白内障等のリスクがあるといわれています。私は、妊娠後の検査で抗体が低いことが判明。妊娠中はなるべく人混みを避け、外出時はつねにマスクを着用していました。

特に1979年4月2日~1987年10月1日生まれは、学校での集団接種がなかったため接種率が低く免疫がない人が多い世代です。また1979年以前の生まれであっても、集団接種が女性のみに限定されていた時期があったことから男性側に免疫がないケースもあります。

妊娠中は予防接種ができませんので、妊活中の方は早めに抗体の有無を確認しましょう。

既に妊娠されている場合は同居家族の抗体の有無を確認し、抗体が低い場合は予防接種を受けてもらいましょう。自治体によっては、費用の補助がありますので確認するとよいでしょう。

 

LINEで送る