わが子が泣いたときすぐに抱っこする or しない?「サイレントベビー」をつくるNG育児習慣とは

Young beautiful mother taken away and hid behind a toy from his three sons
source:https://pixta.jp/

赤ちゃんが泣いたとき直ぐに抱っこしてあげていますか? 「忙しいから」とか「抱き癖が付くから」と拒否していませんか?

そこで今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が“抱き癖”についてお話します。 

 

■「抱き癖なんかつきません!」

“赤ちゃんが泣いていても、子どもの自立のためにある程度ほっておいていい”という考えは誤りです。

ひと昔前は“抱き癖が付く”と考えられていたので年輩の人やお姑さんから注意されることもあるかもしれませんが、むしろ昔の考えが間違っているんですよ。

赤ちゃんはすべての経験が未知との遭遇。自分で歩いて移動することも出来ない、言葉も喋れない、助けを求められるのはママだけ。そんなとき無視されたら不安感一杯の子どもになってしまいます。

 

■大人の錯覚!「サイレントベビー」が誕生してしまいます

実はスキンシップにより“オキシトシン”という成長に欠かせないホルモンが分泌され、赤ちゃんはパパママに愛されていると実感することができます。

泣いても助けてもらえない場合、赤ちゃんは逆の手段に出ます。「自分が静かにしていることで親の愛情を引こう」と赤ちゃんは泣かなくなるのです。“サイレントベビー”の誕生です。

「抱かなかったからお利口な赤ちゃんになった、親の手を煩わせないいい子になった」と思うのは全くの大人の錯覚。

サイレントベビーは大きくなったとき対人関係をうまく作れなかったり、心の病を発症したり様々な問題を抱えることになります。

ですから、泣いたときは直ぐに抱っこしてあげましょう。

 

LINEで送る