「瞬間湯沸かし器」で叱るのは止めましょう!ママに知ってほしい正しい“タイムアウト法”しつけ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

子どもをしつける時、“タイムアウト法”というやり方があります。頭を冷やすため場所を変える方法です。

そこで今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が“タイムアウト法”についてお話します。

 

■タイムアウト法の由来とは?

スポーツ競技の休憩時間に作戦を練ったり、水分補給や選手交代をすることを「タイムアウト」と言います。

アメリカではこれを子育てにも当てはめていて“主流のしつけ”となっています。

子どもが悪い行為をした時、耳元で囁き別の場所へ連れて行きます。一定時間じっとさせておくことで、落ち着かせ反省させることができます。

また、子どもにとって一番辛いことはママから無視されること、一人で別部屋に移されることは構ってもらえなくなったいうこと、ギャンギャン叱られることよりも子どもには辛いことなので、効果抜群だったりするんですよ。

 

■「タイムアウトしつけ」の方法

(1)言い付けを守らなかったときに、あらかじめ決めておいた指定場所に子どもを連れて行く

(2)指定場所にいるのは2分~3分程度

(3)なぜ、タイムアウトになったのか説明し、納得させる

 

■タイムアウト法の効果

(c)あべゆみこ

よく“叱る前に30秒数えて”なんて言われますが、悪さしている子どもを前にそんな悠長なことをやっていられませんよね。

でも、子どもが視界からいなくなったらママも落ち着くことができます。

この“タイムアウト法”を使うことにより、親自身が頭に血が上り”瞬間湯沸かし器のスイッチ”が入ってしまった場合、頭を冷やすことができます。

どうやってしつけようか……と考える時間にもなりますね。

「ちょっと頭を冷やしてくる」と散歩に行ったりするのと同じですね。

 

LINEで送る