しつけをゲーム化しましょう!「言うことを聞かない!日常ありがちなシーン」4事例

“しつけ”という言葉から連想するのは“叱る”“厳しくする”“注意をする”などのマイナスイメージがある人も多いのではないでしょうか?

身辺自立のしつけから始まり、レストランや電車、病院の待合室等、公共の場にいくときのマナーなど子どもにとっては覚えなくてはならないことが山盛りです。親もその都度叱っていては疲れてしまいますよね。

そこで今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が“楽しくしつける方法”についてお話します。

 

■ゲーム化したらどうなる?「言うことを聞かない!日常ありがちなシーン」4つ

(1)電車内で大声を出している

子どもが電車内で騒いだ時、つい「シー、シー」「静かにしなさい!」「うるさいでしょ」「運転手さんから注意されちゃうわよ」などと言っていませんか? 

気持ちは分かりますが、ママに怒られてばかりいては、子どもにとって楽しいお出かけが台無しになってしまいます。

こんな時は“降りる駅まで絶対に音を出さないゲーム”をしましょう。静かにすることをお友達や兄弟で競わせてゲームにするのです。子どもは素直なので、ゲームと聞くと一気にやる気を出し、息をひそめて静かにしています。

どうしても喋る必要がある場合は「大声を出さないで」ではなく「声のボリュームを1にして」など肯定的な言い方をしましょうね。ちなみに“ボリューム0”は黙っていることです。

 

(2)子どもが動き回って仕方ない

“○時○分まで、じっと座っているゲーム“です。

”だるまさんが転んだ”の遊びは鬼が振り向いたとき動いた人が負けになるゲームです。

これと同じで身体を微動だにしないルールを決めるのです。このゲームをすることで、自分がしたいことをコントロールする精神力も養えます。

 

LINEで送る