「○○ちゃんが持ってるから買って!」とワガママ言われたらどうする?デキるママの“スマート対応”

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

子どもが幼稚園入り、お友達ができるようになってくるとよく言われるのが、「〇〇ちゃん(くん)が持ってるからアレ買って!」という言葉。

親として対応に悩む子どもの“ワガママ”のひとつですよね。

もしわが子からそんなワガママを言われてしまった場合、どうすればいいのでしょう?

今日はコミュニケーションライターである筆者が、「子どもの“ワガママ”へのNG対応・スマート対策」についてお伝えします。

黄本恵子PF

 

■「〇〇ちゃん(くん)が持ってるから買って!」これだけは避けたいNG対応2つ

(1)「ダメ!」と頭ごなしにきつく叱りつける

子どもに“ワガママ”言われると、つい「ダメ!」と言ってしまいがちですが、「ダメ!」と言われ禁止されると、どうしても欲しくなっちゃうのが人間です。

特に、子どもは感情の抑えがききません。欲しい気持ちに拍車がかかって、よけいに「欲しい!」となり、言い争いや親子ゲンカに発展してしまうことも。

ここは冷静になってグッと抑えましょう。

 

(2)言われるままに買ってしまう

余計な言い争いをしたくないし、かわいそうだし、これぐらい買ってあげようかな……と思ってしまうのも、親心。

しかし、こういったおねだりは、一度子どもの言うままに買い与えてしまうと、この先ずっと続くことになります。

幼稚園ぐらいの子どもには安い・高いという概念もなく、「これぐらいの値段だったらいいか」という軽い気持ちで買うと、後々大変なことに。

「あのときは買ってくれたのに、なんでこれは買ってくれないの!?」なんて言われて、結局きつく叱る羽目になったり言い争いになってしまったりする可能性もあります。

言われるままに買ってあげるのはやめましょう。

 

LINEで送る