前撮りは絶対すべし!お金をかけずに「オシャレ♡家族ウェディング写真」を撮る方法【結婚式まで115日】#3

yuno_wedding
Photo by ママフォト日和maki

今は昔とは違い、結婚式も前撮りが当たり前な時代。

“できちゃった婚”などでお腹にベビーがいる方は特に、体調が安定している時期に家族だけのリラックスした雰囲気の中で前撮りウェディング写真を撮っておきたい!という方も多いと思います。

とは言え、前撮りウェディング写真は意外とコストがかかるもの。

子連れリアルウェディングストーリーの連載第3回は、“今人気のカジュアルでオシャレな前撮りウェディング写真をお金をかけずに行うコツ”についてお伝えします。

結婚式には絶対に撮れないオシャレ写真を筆者が実際に前撮りした家族ウェディングフォトも含めてご紹介していきます!

 

■結婚式前撮りする?しない?相場金額って?

結婚式は本当に何かと出費が増えます。

前撮りをしたいと思っていた方も、見積もりの高さに驚き、当日の写真だけにしようと妥協するということも大いにあるはずです。

前撮りの相場はだいたい10万円くらいのようですが、調べていると本当にピンキリ。20万円もあるし、なんと○千円という格安の会社も。

しかしよくよく見てみると、○千円というのは基本料で、そこに写真代やデータ料がプラスされていくので、「結局10万円くらいになる」なんてことも。

ですので前撮りをする時には、“何が料金に含まれているのか”をしっかりと確認しておく必要があります。

また、前撮りは個人的にはしておいた方が良いと思っています。

というのも、当日感動のあまり終始泣いてしまい、綺麗にメイクした顔もグシャグシャに……なんてことも起こり得ますからね。それに子連れウエディングの場合、子どもがその日緊張してなかなか笑ってくれない……なんてことも考えられます。

値段の高さに諦めようとしている方は、個人で活動しているカメラマンをSNSなどで探してみてはいかがでしょうか?

値段もリーズナブルな設定の方が多いですし、個人的な要望にも柔軟に対応してくれますので、オリジナリティーのある写真にしたい方にはかなりおすすめ!

 

■結婚式当日には撮れない!オシャレ前撮り写真を撮る3つのコツ

「かしこまってない、カジュアルな前撮りがしたい!」と思い立ち、実際に筆者が撮ってもらった前撮り写真をご紹介します。

撮っていただいたカメラマンさんは3歳のお子さんがいるママカメラマンさんなので、子どもが泣いたり、なかなか笑ってくれない時もかなり慣れてあやしてくれるので、安心できました。

 

(1)手作り装飾「ポンポン」でおとぎの世界を演出

これは子どものバースデーの装飾などでも使うポンポン。天井から垂らしてみました。光によってとても幻想的になったので大満足の仕上がり♡

193_large
Photo by ママフォト日和maki
181_large
Photo by ママフォト日和maki

 

LINEで送る