【ツレが産後ウツになりまして】第6回:アタシにだけなつかない…妻が壊れる<後編>

shutterstock_351225011
source:http://www.shutterstock.com/

わが子が、妻にだけなつかない! 次々と押し寄せる育児のトラブルに、遂に妻が壊れた……。

前回(『アタシにだけなつかない…妻が壊れる<前編>』)「ねえ、コレ捨てていい?」というわが耳を疑う一言を発した妻。

自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者・村橋ゴローが見た、最愛の妻が産後ウツになっていく……壮絶な産後育児をお伝えします。

 

■「アタシ、もう限界です」

「ねえさあ、もうコレ、捨てていい?」

寝ぐずり泣き叫ぶ赤ちゃんを抱いた妻は、ベランダを見ながらそう吐き捨てた。

ちなみに、わが家はマンションの6階にある。

耳を疑った。

そして彼女が何を言ったのか理解したのと同時に、僕は両手で彼女の肩を強くつかむと、大きく揺すった。

「りえ!しっかりしろっ!!」

するとまるで憑き物が取れたかのように、ハッと真顔に戻った妻は、次第に全身を小刻みに揺らしながら嗚咽をあげた。びっくりした赤ちゃんは、火がついたようにさらに高く大きな声で泣き始めた。

そんなふたりを僕は強く抱きしめ、いつのまにか僕まで泣きはらしていた。

 

妻のSOS

shutterstock_440651767
source:http://www.shutterstock.com/

母乳問題、慢性的な便秘、顔に広がる真っ赤なブツブツ。くわえて、赤ちゃんが妻にだけなつかないという地獄。

想像してほしい。

3年に及ぶ不妊治療、2度の流産を乗り越え、41歳で妻は第一子を授かった。

その子が、妻が抱くたびに泣き叫ぶのだ。降りかかる様々なトラブルに飲み込まれ懸命にもがくも、なす術がなく途方に暮れる妻。

すべてが上手くいかず、ただ赤ちゃんが泣き続けるという現実。

 

「ねえさあ、もうコレ、捨てていい?」

 

これは妻のSOSなのだ。

 

「もうだめ、限界です」

「助けて、あなた」

 

妻はそれでも必死に赤ちゃんを愛し、すべてのお世話を懸命にこなしていた。

 

「アタシは母親なんだ」

「アタシは母親になるんだ」

彼女の努力をしっているから僕は、ふたりを抱きしめるしかなかった。

 

「りえちゃんは何も悪くない。よくやっているよ」

そう思い、ただふたりを抱いて3人で泣き続けるしかなかった。

 

LINEで送る