「幸せな人生が待っているよ…!」そう伝えられるしつけを今していますか?

プラス思考 教育 能力別クラス
source:http://www.shutterstock.com/

わが子が生まれると親は誰しも「幸せな人生を送ってほしい」と願います。でも、それ以降の育て方によっては“幸薄い人生”を歩み始めることになるかもしれません。

今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流   子育てのコツ』の著者の立石美津子が“子どもにとっての幸せとは何か?”についてお話します。

 

■脳がそれをどうとらえるか

幸せであるかどうかはその事実ではなく“脳がそれをどうとらえるか”にかかっています。

例えば、40歳の誕生日を迎えたとき「ああ、もうこんなに歳をとってしまった」と嘆く人、「まだ人生の折り返し地点に来ただけ、さて、これから何をしようか」と喜ぶ人。このように捉え方は大きく異なり、人により誕生日の気分も大分、違ってきます。

コップに水が半分入っている。これを見て「もう半分しかない」と思う人「まだ半分もある」と思う人では感じ方は大きく違ってきます。

幸せ感を感じやすい人は事実をプラスに捉えることができる人です。

更に幸せを感じる感度が高い人は、たとえコップに水が四分の一しか入っていなくても「まだこれだけある!」と思ったりします。ないものを嘆くよりも、持っている部分に意識を向けることができるのです。

このように事実の受け止め方の癖により、感情や気分は大きく変わります。

 

LINEで送る